組合ニュース第5号

全ベルコ労働組合ニュース第5号  (2015年7月17日)

 平成27年7月14日北海道新聞朝刊に、当組合から(株)ベルコに対し「二人の雇用の継続」などを求めて札幌地裁に提訴する旨記事が掲載されました。そして、翌15日午前組合代理弁護士により札幌地裁に提出受理、同日15時半から北海道庁道政記者クラブ内にて記者会見が行われました。連合北海道組織対策事務局長齊藤氏の司会により淺野弁護士、井澤弁護士がそれぞれ内容について説明。翌日の北海道新聞、朝日新聞、読売新聞にそれぞれ提訴の記事が掲載されました。
新聞記事を見たベルコで働く従業員やその家族から連合北海道、情報労連、当組合に労働条件などの相談が多数入ってきております。今、職場の環境や労働条件に疑問をお持ちの方がおりましたら、ぜひ組合にお入りいただき、明るく働きやすい職場と豊かで安定した生活の為に共にがんばりましょう。
 尚、6月17日に行われた連合北海道全ベルコ労働対策委員会の結果を受け、二人の復帰を求める要請文が連合北海道加盟各組合からベルコ本社に続々送付されております。また合わせて、当組合に激励文が届いております。(下)
高橋氏、豊田氏の職場復帰は二人の生活確保と同時に、(株)ベルコに我々組合員の雇用者であることを認めさせる訴訟でもあります。この訴訟を勝ち取り、ベルコに団体交渉のテーブルに着いてもらうことが目的です。皆様のご理解をお願いいたします。