組合ニュース第12号

4月19日「第7回地位保全及び賃金仮払仮処分命令申立(仮処分)」「第6回地位保全及び賃金仮払仮処分命令申立(本訴)」「第7回労働委員会」が行われました!! 次回は6月6日です。

 第7回仮処分・・・裁判官からの和解案について話し合われました。組合側は解雇となった2人を裁判終了まで暫定的に代理店が受け入れるという和解案に同意。しかし、ベルコ側は代理店に働きかけはしないが、2人が代理店に面接に行くのは構わない。ただその行為をもって「雇用主は代理店であると認めている」と主張させていただくという回答がなされました。他の和解案については次回。
第6回本訴・・・今までは1人の裁判官が審理していましたが、この事件の重要性から3人の裁判官による合議体で審理することとなりました。合わせて時間外についても審理開始予定。
第7回労働委員会・・・各委員から①給料支払いに関しての確認書、代理店とベルコ間の振込代行について②みどり生命と代理店、ベルコとの関係について ③代理店従業員の基本給について それぞれ質問がありました。時間の関係上詳細は書面にて回答。
裁判の方は進んでいませんが、労働委員会は、それぞれの主張も次回には出そろい本格的な調査に入る予定です。今後ともご支援ご協力お願いいたします。

 情報労連発行の「REPORT」4月号に『業務委託契約の乱用に対して労働組合や代理店主が「使用者性・労働者性」を訴え提訴』と題する記事が掲載されました。①問題の所在②ベルコの事業システム③FA職の働き方④裁判の争点についてわかりやすく解説しています。情報労連のホームページにアップされる予定ですので是非一読していただきたいと思います。