組合ニュース第10号

 1月29日 18:00よりユーネットビル11階にて躍進大会が行われました。来賓として情報労連中央本部組織局石渡執行委員、情報労連北海道協議会浪岡議長、連合北海道齋藤副事務局長、千田組織対策局次長がお越し下さり「今後とも連合・情報労連が一丸となって組合に支援・協力していく」という心強いご挨拶をいただきました。
 その後、裁判等の経過説明が行われ「1月25日に行われた第5回労働委員会、第5回地位保全及び賃金仮払仮処分期日、第4回の本訴期日」の際、①従業員採用時の募集状況、②指揮命令の流れ、③賃金について労働委員や裁判官より質問があったことなどが報告されました。次回の労働委員会と2つの裁判は3月3日となります。

 組合ニュース第9号に書きましたように、現在㈱ベルコは、新規代理店の募集や各代理店の統廃合を行っています。これは今年から導入されたマイナンバー制度が影響しています。マイナンバーは年金、雇用保険、医療保険、確定申告などの手続きの際、申請書などに記載を求められます。つまり雇用のごまかしがきかないということです。すでに札幌では代理店の廃業がありました。また現在、廃業に追い込まれている代理店があります。ベルコはそのエリアに代理店がありながら新規代理店を作り従業員募集を行っています。新規代理店を作りリセットしようということです。代理店の契約を解除し新規代理店に切り替える際、意に沿わない従業員は採用されません。このような一方的な行為は許されるものではありません。全国のベルコ代理店で働く皆さん、このような情報があれば是非組合にご連絡下さい。