組合ニュース第4号

全ベルコ労働組合ニュース第4号  (2015年6月8日)

「第3回臨時大会」が開催されました!!

5月27日、情報労連北海道協議会会議室に於いて第3回臨時大会が開かれました。
高橋執行委員長の挨拶の後、連合北海道対策局斎藤局長、情報労連本(もと)全国オルグ団長よりご挨拶を頂き、また今回、特別にお越しいただきました「セレマ労働組合」前委員長の川元氏と現委員長の古川氏にそれぞれ激励のお言葉を頂きました。その後、情報労連北海道協議会木下事務局長よりご挨拶があり、組合旗披露となりました。(左下:組合旗)
続いて、議事に入り第1号議案(1)「経過説明」ついて豊田書記長が、 (株)ベルコの指揮命令による労働条件改善の為に、連合と情報労連の協力を得られたこと。その後の組合結成に至る過程から、高橋FAと豊田FAの職場復帰に向け「地位保全及び賃金仮払仮処分命令申立書」を5月12日に行ったことを説明しました。
次に、高橋委員長が
第1号議案(2)「職場改善要求について」
① 就業規則の開示
② 就業時間、休日、休暇の確認
③ 賃金と社会保障等の確認
④ 自家用車使用時の燃料代等について
⑤ 会社の健康診断について
第1号議案(3)「今後の方針について」
① 組合員の職場復帰について
② 組織拡大を重点課題とする
ことを説明し、第1号議案(2)については早急に要求書を送付する事を提案しました。また、
③ 「ほほえみ共済について」網野執行委員が全労済の団体保障制度を活用した、手ごろな掛金で弔意、慶事をはじめ住宅災害や疾病見舞金まで幅広い給付がされる制度であること。この共済を組合員に広めていくことを提案しました。
 続いて、第2号議案予算案について豊田書記長から説明があり、議題全てが提案され、質疑・採決に入りすべて採択され閉会しました。

第1号議案(1)の説明にあった「地位保全及び賃金仮払仮処分命令申立書」の裁判所での審議は、6月24日の予定です。また、第1号議案(2)「職場の改善要求について」は、6月1日に要求書として(株)ベルコに送付済みです。また、労働委員会に対して「不当労働行為救済申立書」を提出するとともに、「連合北海道全ベルコ労働組合対策委員会設置通知書」を送付しました。
 国際労働機関(ILO)の2006年総会で「雇用に関する勧告」が採択されたこともあり、連合も情報労連も、この(株)ベルコとの「偽装雇用関係と闘う」ことを宣言されました。組合は、㈱ベルコに対し、支部代理店店長が労働者であることを(株)ベルコに認めさせ、その労働者である支部代理店店長に雇用された私達も㈱ベルコの労働者であることを認めさせること。そして労働条件改善等のため団体交渉をしていきます。